26番目の殺人(漫画)【46・47・48・49・50話】ネタバレ有りのあらすじ感想

26番目の殺人 「26番目の殺人」漫画のネタバレ

26番目の殺人(漫画)【46話・47話・48話・49話・50話】のネタバレ有りのあらすじ感想をお伝えします♪

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

41話・42話・43話・44話・45話
↑前
全話まとめ
次↓
51話・52話・53話・54話・55話

26番目の殺人(漫画)【第46話】ネタバレ有りのあらすじ感想

漁に出かけるふりをして、ジウォン(ジス)への指輪を手作りするギス(ピルデュ)。

人を愛することを教えてくれた彼女を幸せにしたい…そんな想いで一心不乱に作業をします。

そしてそんなギスを物影からこっそり覗き見るジス。

その目はうつろで、なんだか闇堕ちする一歩前みたいな雰囲気が出ちゃってます…。

一方、ジャン・ピルデュ事件を再捜査中のチェ検事のもとに、とある人物が訪れていました。

その人物とは、ソヒ(ジスの娘)が亡くなった事件で、当時の担当警察署長だったユン・ジョンギル氏でした。

47話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第47話】ネタバレ有りのあらすじ感想

チェ検事のもとにやってきた、ソヒ(ジスの娘)事件のことを知る貴重な人物、ジョンギル氏。

ジョンギル氏が今日ここにやってきた目的…それはソヒ事件がジャン・ピルデュの26番目の殺人だと伝えるためでした(まあ、チェ検事はとっくに気づいているわけですが^^;)。

ジョンギル氏は10年前、上の命令でソヒ事件をもみ消したのは自分だと白状します。

そしてチェ検事にもう一度ジャン・ピルデュを逮捕してほしいとお願いにきたのでした。

強力な後ろ盾を得たチェ検事は、ジャン・ピルデュの再逮捕に向けて、まずはキム・ギスがジャン・ピルデュと同一人物である化学的な証拠を掴もうと動き出したのでした…!

48話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第48話】ネタバレ有りのあらすじ感想

ギス(ピルデュ)たちの住む漁村に連れてこられた、二人の子どもたち。

この子たちはなんと、行方不明になったキム老人の息子の子どもたちでした。

キム老人の本物の息子も、この子たちの母親も、育てることを放棄して消えてしまったようですね…。

それで会ったこともない祖父、キム老人を頼りにこの村にやってきたのでした。

しかし、キム老人は認知症が進んでいて、子どもの世話なんてとてもできる状態じゃありません。

ギス(ピルデュ)とジウォン(ジス)は、キム老人の息子代わりとして二人を育てることになったのでした。

こうして4人でいるのを見ると、幸せな家族そのものですね。

49話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第49話】ネタバレ有りのあらすじ感想

キム老人にもとに孫たち(名前はお兄ちゃんのヒョンスと妹のアルム)を連れてやってきたギス(ピルデュ)とジウォン(ジス)。

昔、家を出て行った息子の子どもだと言われ、キム老人は少し戸惑います。

そんなキム老人のために、みんなで食卓を囲もうと食事の準備をするギスとジウォン。

ジウォンは台所で料理を、ギスは市場へ魚を買いに行くことになりました。

調達した魚を持って帰る前に、飼っているネコに小魚を分けてあげたギス。

その様子をこっそり見ているチェ検事…。

チェ検事はギスが立ち去ったあと、ギスが触ったネコの餌入れを回収して帰って行ったのでした。

ギスの指紋、取られちゃいました…。

50話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第50話】ネタバレ有りのあらすじ感想

ギス(ピルデュ)の指紋のついた餌入れを回収し、検察庁に帰ったチェ検事は、すぐに指紋の照合を依頼します。

一方、ギスはジウォン(ジス)に「私たちで本当の家族みたいにアルムとヒョンス(キム老人の孫たち)を育てよう」と言われ、ついにプロポーズを決意!

夜の海辺で、ジスに指輪を渡し愛の言葉を告げます。

僕と結婚してください。この海辺の村で、家族になって死ぬまでずっと一緒にいよう。」と。

夜の海と三日月を背景にプロポーズ…めちゃめちゃロマンチックです。

はたしてジウォンの返事は!?

51話に続きます♪

41話・42話・43話・44話・45話
↑前
全話まとめ
次↓
51話・52話・53話・54話・55話