遭遇(漫画)30話・31話・32話ネタバレ【troble(トラブル)・最後のプレゼント】

遭遇 「遭遇」漫画のネタバレ

漫画「遭遇」【30話・31話・troble(トラブル)】と【32話・最後のプレゼント】の大まかなネタバレと、見どころ感想をご紹介します♪

遭遇

「遭遇」の漫画を読めるのはピッコマだけ!

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

27話・28話・29話
↑前
【全話まとめ】
次↓
33話・34話

遭遇(漫画)30話ネタバレ【troble(トラブル)1】

Troble1

一体どうしてオレなんだ…と、病院のベッドでため息をつく大倉順平。

どうやら運動中の事故により全身麻痺になってしまったようです。

全身麻痺になるってことは、首か脊髄を傷つけてしまったんでしょうか?><

そんな順平を介護しているのでしょう、母親が病室にやってきます。

「せんせ…い…な…んて?」

順平は動かしにくい口をなんとか動かし、やっとのことで言葉を絞り出します。

「たいして何も言われてないわ。手足のマッサージをしっかりしてって。リハビリもね。

さぁ、お薬を飲みましょ。」

母親は順平が窒息しないように、ゆっくり水と薬を飲ませます。

次はリハビリの時間。

リハビリは問題なく終わったのですが、事件はそのあとに起こります。

イスから落ちたタオルが、順平の顔にかかってしまったのです。

順平は苦しそうにしていますが、母親は気付いていません。

たまたまやってきた看護師さんが気付きタオルを取りますが、順平は「こんなときに言葉が出せないなんて…」と苛立ちを隠せません。

そんなことがありながらも二ヶ月後。

毎日順平の介護をしている母親は、明らかに疲れています。

そんな母親を見て、心の中で

「(寝たきりなのはオレなんだからもっと気使えよ…五ヶ月で良くなるって言われたじゃん)」

と毒づく順平。しかし口では

「かあさ…ごめ…ん。」

と謝罪の言葉を述べます。

そんな順平を見て、母親は感情があふれたように泣き出してしまいます。

母親も息子が全身麻痺になって介護となったら、当然辛いですよね…。

そんなとき、病室のドアが開き、「やっほー!」と明るい声が響きます。

やってきたのは順平の彼女のアキです。

「くるな…っていった…だろ…。」

順平は口ではそう言いながらも、とても嬉しそうです。

母親もアキの訪問を喜んでおり、アキは順平の家族ともいい関係なのがうかがえます^^

「お母さん、今日の順平はなんだか元気そうですね。」

「…えぇ、運動したからかもしれないわね。」

「来るたび元気になってるし、この様子だとすぐ治りそうですね。」

母親とアキが話す様子を見ながら、順平は

『(アキ、もう少しだけ待っててくれ。

五ヶ月たって治ったら、またお前の隣にいるからな。)』

と、心の中で誓います。

どのくらい時間があったのでしょう、アキは

「じゃあ私、そろそろ帰りますね。」

と席を立ちました。また週末に来るね、と言うアキに順平は、

「こなく…て、いいか…ら…やすめ…。」

と言うものの、心の中では

「(絶対…絶対また来いよ…!)」

と祈るように強く願ったのでした。

2話目に続きます。

遭遇(漫画)31話ネタバレ【troble(トラブル)2】

troble2

「精密検査の結果が出ました。…言いにくいのですが、息子さんはもう立つことができません…。」

医師にそう告げられた母親は、病室の前のソファに座りながらショックを隠せない様子です。

「(順平に…どう告げたらいいの?五ヶ月で治るって信じてるのに。)」

母親は目からは涙があふれます。

それからはそのことばかり考えてしまうのでしょう。

だからイスから落ちたタオルが順平の顔にかかっても、気付くことができませんでした。

母親は順平の脚をマッサージしながら、心の中で

「(ごめんね順平。お母さんがあなたをもっと健康に産んであげればよかったのに…。)」

と謝罪します。

母親の気持ちも痛いほどわかりますが、いくら丈夫に生まれても、後天的な全身麻痺はどうしようもないです><

「かあさ…ごめ…ん。あり…がと…。」

順平に謝罪と感謝の言葉を言われ、

「(ごめんね順平…あなたはもう身体を動かせないの…!)」

と感情があふれたように涙が止まらなくなってしまいました。

そんなとき、病室のドアが開き「やっほー!」と明るい声が響きます。

やってきたのは順平の彼女のアキです。

「(アキちゃんには…伝えてあげなきゃ…。)」

そう思った母親は、アキを見送るために一緒に病室を出ます。

「じゃあ、また来ますね。」

「あのね、アキちゃん…。」

「はい?」

「(順平はもう、治らないの…。だから…。)

なんでもない。また来てね、アキちゃん。」

母親はアキに本当のことを伝えようとしますが、アキを必要としている息子のことを思うと、どうしても伝えることができませんでした…。

troble3

職場で、順平と撮ったツーショットの待ち受けを眺めるアキ。

「何をそんなに考え込んでるの?」

そう話しかけてきたのは、上司の石崎専務でした。

「はい、あったかいお茶。これ飲んでリラックスして。」

「ありがとうございます…。」

「何があったかは分からないけど、元気出してよ。」

そう言って去っていく石崎専務の後ろ姿を、アキは複雑そうな表情で見ています。

「(順平はきっと治る。でも、万が一…ずっとこのままだったら…?私はどうすればいいんだろう…。)」

順平のお見舞いに行く道中、アキは考え込んでしまいます。

彼氏が突然全身麻痺なんて、いい年頃の女の子なら将来のことも含めていろいろ考えちゃいますよね><

しかしお見舞いの帰り際、順平のお母さんが自分に何かを言いかけたの見て、アキは順平はもう治らないのだと悟ってしまいます。

そのとき、スマホにメールが届きました。

『石崎専務:今アキちゃんの家の近くなんだけど、ちょっと会えないかな?』

メールを読んだアキは、順平とツーショットの待ち受け画像を削除し石崎専務のもとに向かうのでした…。

遭遇(漫画)【30話・31話・troble】感想と意味を解説

このお話は、三人の視点でトラブルが描かれています。

一人目は不測の事態で全身麻痺になった順平。

順平はすぐ治ると思っていますが、実は一生この身体のままということをまだ知りません。

しかも不自由な身体になっただけでなく、恋人のアキも離れて行こうとしています。

二人目は順平の母親。

順平に一生身体が動かないことを伝えなければならない母親の役目は、とても辛いことでしょう。

そして自身も、残りの人生を息子の介護に捧げる覚悟をしなければなりません。

三人目は順平の恋人のアキ。

突然彼氏が全身麻痺になってしまったアキですが…アキはおそらく、順平との将来を白紙にし、新しい人生を歩んでいくのでしょう。

石崎専務と会う前に順平との待ち受けを削除していたので、もしかしたら石崎専務といい雰囲気になるのかもしれませんね。

遭遇(漫画)32話ネタバレ【最後のプレゼント】

「亜沙子、ちょっと待てよ!ちゃんと話そう!少しでいいから!」

そう言って亜沙子の腕を掴む雄司。

「ちゃんと言ってくれなきゃわかんないだろ!」

「いい加減にして!もう終わりにするって言ったでしょ!」

どうやら別れ話のもつれのようです。こんな屋外で…^^;

「いきなりこれはないよ。オレにも時間をくれ。」

「時間をあげたら何か変わるわけ?私はそうは思わない。私たちはこうなる運命なのよ。」

亜沙子の意志は固いようです。

そんな亜沙子の頑な態度に、雄司ももう無理なんだと悟ったようでした。

「…わかったよ、亜沙子の言う通りにするよ。でもこれは亜沙子のために買ったからもらって。」

そう言って、雄司は亜沙子に紙袋を渡そうとします。

「いらない、こんなものもらう筋合いない。」

「最後のプレゼントなんだ、もらってくれって言ってるだろ!」

雄司はそう言って亜沙子に、プレゼントの入った紙袋を押し付けます。

その力の強さに、亜沙子は思わずバランスを崩し倒れてしまいました。

これは…結婚したらDV男になりそうなタイプですね><

「いい加減にして!お金で何もかも解決できると思ってるの!?」

「オレからの最後のプレゼントだよ。だから…」

雄司が続きを言いかけたそのとき、車道に車が突っ込んできました

「キャァぁぁ!!人が下敷きに!!!」

歩行者の叫び声が聞こえます。

その車は雄司を直撃してしまったのでした…。

そして雄司のお葬式の日、亜沙子は遺影の前で雄司に語りかけます。

「(雄司…ごめんね…。思い返してみると、私はずっともらいっぱなしだったね。

でも私が欲しかったのはモノじゃなくて…もう少し優しい言葉、もう少し優しいまなざし…それだけだったんだよ。

今さらこんなこと言っても無駄だよね…。)」

亜沙子は堪えきれず涙を流します。

雄司が亜沙子を突き飛ばしたおかげで亜沙子は助かったけど、それは結果論で亜沙子を助けようと思ってとった行動ではなかったですよね^^;

泣き崩れる亜沙子のもとに、雄司の母親がやってきます。

「亜沙子ちゃん。亜沙子ちゃんのせいじゃないからね。雄司は…こうなる運命だったのよ。」

「お母さん…本当にごめんなさい…。」

「大丈夫。亜沙子ちゃんは悪くないからね。」

そう言って、雄司の母親は亜沙子を抱きしめます。

「これ…雄司が最後に亜沙子ちゃんに渡そうとしていたプレゼントらしいの。もらってくれる?」

そう言って、雄司の母親は亜沙子に小さい箱を手渡します。

亜沙子は涙が落ち着くのを待ってから、その箱を開けました。

「(なんだろう…?)」

その瞬間、箱が爆発し、炎が亜沙子の顔を直撃します。

「ギャァぁぁあ!!!」

その炎は、亜沙子の顔を焼いてしまったのでした…。

遭遇(漫画)【32話・最後のプレゼント】感想と意味を解説

雄司は別れる前の最後のプレゼントのつもりだったんでしょうが、まさか人生最後のプレゼントになるとは…^^;

今まで亜沙子にいろんなものを贈っていた雄司。

最後のプレゼントが爆弾だったのは、亜沙子とはもう終わりだということを悟って、愛情が憎しみに変わったということだろうと思います。

しかしこれは、生きていたら雄司は現行犯逮捕されますよね^^;捨て身のプレゼントです><

27話・28話・29話
↑前
【全話まとめ】
次↓
33話・34話

漫画のあらすじ感想まとめ※ネタバレ注意
漫画を読むと、誰かと感想を語りたくなったりしませんか?私はいろいろなジャンルの漫画を読むんですが、読んだあとにはみんなの感想やレビューを見るのが楽しみだったりします。なので自分でもこうしてブログでネタバレ有りのあらすじ感想を書いています。この記事では感想を書いた作品をまとめます♪