【最新話】鬼の花嫁(原作:クレハ)漫画【4巻・5巻・6巻】ネタバレ有りのあらすじ感想

鬼の花嫁 「鬼の花嫁」漫画のネタバレ

「鬼の花嫁」(原作:クレハ)漫画【第4巻】「哀しい決心」【第5巻】「紅い瞳の報復」【第6巻】「」のネタバレ有りのあらすじ感想をお届けします♪

鬼の花嫁【最新巻5巻】
2022年5月13日(金)
コミックシーモアで先行配信開始


>>noicomi鬼の花嫁5巻(コミックシーモア)
次巻【6巻】は発売日未定です。楽しみに待ちましょう!

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

1巻・2巻・3巻
↑前
【全話まとめ】
次↓
7巻・8巻・9巻

「鬼の花嫁」(原作:クレハ)漫画【第4巻】「哀しい決心」ネタバレ有りのあらすじ感想


柚子をあの家から出してやるという玲夜。

祖父母と養子縁組してはどうか、と提案します。

しかし柚子は、祖父母に金銭的な負担をかけたくないと乗り気ではありません。

「お金のことは気にせず俺に頼ればいい」と玲夜に言われるものの、今まで愛を受けてこなかった柚子は、玲夜の愛を信じられない…というより、愛されることに自信がないようです。

他人の玲夜にそこまでしてもらうわけにはいかない」と申し出を突っぱねてしまいます。

案の定、柚子の「他人」発言に明らかにショックを受ける玲夜。

寂しそうな表情滲ませながら、柚子の部屋を後にします。

イケメンの寂しそうな顔ってなぜか胸がキュン…♡としちゃいますよね(私だけ?(笑))

部屋に1人になった柚子。

ふと家に制服や学用品を取りに帰らなきゃ、と現実的なことを考え始めます。

ダメ元で「荷物を持ってきて欲しい」と花梨にメールを送ってみると…秒で返信が来ました!

もしかしたら心配してくれているのかも!?と望みを持った柚子は、すぐに待ち合わせの場所に向かいます。

しかしそこでの花梨の態度は…あまりにひどいものでした。

柚子の腕を燃やしておきながら(燃やしたのは瑶太だけど)自分が被害者ぶり、一生反抗しないなら家に戻ってきてもいいわよ?と上から目線で言い放ったのです。

…これはあれですか?花梨はわざと悪役を演じてるんですかね?

「おーほっほ、おねえさま、これが今流行りの悪役令嬢ですわよ!」みたいな(笑)

本気でやってるとしたらやばいですよこれ…。

性格歪んでるとかいうレベルじゃないわ(笑)

さいごは柚子の荷物を川に放り投げ、立ち去る花梨

柚子はまだ家族の一員になれるかも…と淡い希望を抱いていただけに、心がズタズタになってしまいます。

そんな傷心で屋敷に戻った柚子を温かく迎えてくれたのは、玲夜や鬼龍院の家臣たちでした。

急にいなくなった柚子を心配してみんなで探し回っていたようです。

家出しても心配すらしてくれない家族、血の繋がりはなくとも自分に優しくしてくれる鬼の一族…

柚子は幸せになるために、家族を捨て祖父母と養子縁組をする決心をしたのでした。

そして養子縁組の手続きをするため、玲夜と、秘書の高道とともに実家に向かいます。

そこで待っていたのは、柚子を心配する祖父母と、どこまでも柚子を悪者にする両親。

そして柚子を見るなり嫌味を言う花梨と、どんなときでも花梨の味方をする瑶太。

しかし、柚子が一方的にけちょんけちょんに言われて玲夜が黙っているわけありません。

柚子の後ろから現れた玲夜を見るなり、「あ、あなたは…!」と驚愕の表情を浮かべた瑶太なのでした。

その一言で既に勝敗が分かった気がしてちょっと笑っちゃいましたw

5巻に続きます♪

「鬼の花嫁」(原作:クレハ)漫画【第5巻】「紅い瞳の報復」ネタバレ有りのあらすじ感想

部屋に入ってきた玲夜の圧倒的オーラに静まり返る一同。

玲夜は「あ、あなた様がなぜここに!?」と動揺している瑶太を華麗にスルーし(笑)、とっとと本題に入ります。

今日柚子の実家にきた目的…それは、柚子の両親に養子縁組の書類にサインさせること

柚子は勇気を出して自分の本当の気持ちを伝えます。

この家にいても幸せになれないから、おじいちゃんたちの子になりたい、と。

その言葉を聞いて激昂し、柚子を叩こうとする父親。

しかし玲夜がそんなことを許すはずもなく、父親は逆に玲夜に腕を捻られ、倒されてしまいます。

そして玲夜は父親に「早くサインをしろ」と一喝。

そこに口を挟んできたのは花梨でした

「私は妖狐のあやかし、狐月瑶太の花嫁よ」とドヤり、瑶太に「こんな男、お姉ちゃんみたいに燃やしちゃってよ」と頼みます。

瑶太は焦って花梨を止めますが、時すでに遅し。

玲太は柚子の腕を燃やした仕返しとばかりに、瑶太の全身を燃やしてしまったのでした。

瑶太、100倍くらいにして返されちゃってます…自業自得とはいえ、ちょっと可哀想(笑)

そして父親に半ば強引にサインをさせると、柚子に荷物をまとめさせ実家をあとにしたのでした。

残された花梨は、全身ボロボロになって気を失っている瑶太のそばで悔しいような、怒ったような…そんな表情でたたずんでいたのでした。

花梨…また何かやらかしそう^^;

6巻に続きます♪

「鬼の花嫁」(原作:クレハ)漫画【第6巻】「」ネタバレ有りのあらすじ感想


配信されたら更新します♪

配信日は未定です。

楽しみに待ちましょう!

鬼の花嫁【最新巻5巻】
2022年5月13日(金)
コミックシーモアで先行配信開始

>>noicomi鬼の花嫁5巻(コミックシーモア)
こちらでも購入できます
>>Kindle>>楽天kobo
>>eBookJapan
コミックシーモア先行配信中です

漫画を読むなら豊富なクーポン・圧倒的な作品数・使いやすいアプリで人気のコミックシーモアが断然おすすめです!


>>コミックシーモア公式サイト<<

1巻・2巻・3巻
↑前
【全話まとめ】
次↓
7巻・8巻・9巻