最新話【鬼の花嫁/漫画/1巻〜12巻】花梨の目の前で瑶太が…あらすじ感想※ネタバレ注意

鬼の花嫁 「鬼の花嫁」漫画のネタバレ

花梨の目の前で瑶太が…

【鬼の花嫁/漫画/原作:クレハ/1巻/2巻/3巻/4巻/5巻/6巻/7巻/8巻/9巻/10巻/11巻/12巻】あらすじ感想をお届けします♪※ネタバレ注意

家族から虐げられる主人公が一転、最強の鬼にドロドロに愛されます
シンデレラストーリーが好きな人には絶対ハマる漫画です!
一方、姉(主人公)を見下し、ワガママを言い続けた花梨(妹)の結末はいかに…。

【鬼の花嫁】最新話9巻を読めるのは
コミックシーモアだけ!

>>noicomi鬼の花嫁9巻(コミックシーモア)
【10巻】を先読みしたい方はnoicomi vol.81をチェック!
【鬼の花嫁】
全話あらすじ感想まとめ
>>単行本【1巻/2巻】花梨の目の前で瑶太が…9巻UP!

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

【鬼の花嫁/1巻/運命の出会い】瑶太が柚子の腕を…あらすじ感想※ネタバレ注意


(収録話は1話〜6話+書き下ろし漫画と小説つき♡)

このお話の主人公は柚子ちゃん。
この世界では人間と“あやかし”が共存しています。
あやかしは見た目は人間と変わらないんだけど、人間より優れた容姿と能力を持っている種族なんです。
彼らはときに人間の中から花嫁を選び、あやかしにとって花嫁は唯一無二の存在として丁重に扱われます。
あやかしにもランクが存在し、最も強く美しいとされるのが鬼のあやかし。
その鬼の花嫁に選ばれることは、女性にとって最高の栄誉なんだそうです。
あやかしっていうと妖怪のイメージがあるけど、人間に紛れて普通に暮らしているっていう設定が面白いですね!

柚子の妹・花梨は、あやかしの中でも上位の存在である「妖狐のあやかし」の花嫁。
両親は花梨のことを溺愛し、柚子はないがしろにされて育ちました。
唯一、柚子を気にかけてくれるのは、父方の祖父母だけです。

ある日、祖父母から誕生日プレゼントにワンピースをもらった柚子。
しかしそのワンピースが気に入った花梨に、無理やりワンピースを破られてしまいます。
大事なプレゼントをボロボロにされ、思わず花梨の頬を叩いてしまった柚子。
花嫁が傷つけられたことに怒った瑶太(花梨を花嫁に選んだ妖狐のあやかし)は、妖狐の炎で柚子の腕を燃やし…?!
姉にマウントをとる花梨もかなり嫌な女だけど、両親が見事なまでにクズですね!
どうやったら実の子二人にここまで差をつけられるのか、理解できません><
腕を燃やされた柚子より花梨を庇うなんて、言ってることがもはや意味不明で笑っちゃいます(笑)
そんな柚子にも親友の透子(とその彼である猫又のあやかしのにゃん吉くん)と祖父母という最高の味方がいて安心しました。

【鬼の花嫁/2巻/鬼龍院玲夜】言われるがままに抱かれ…あらすじ感想※ネタバレ注意

瑶太に腕を燃やされ、思わず家を飛び出した柚子。
あてもなく街を歩いていると、突然、柚子のことを「花嫁」と呼ぶ超美青年が現れました。
彼の名前は鬼龍院玲夜。
彼はなんと、鬼のあやかしの中でもトップに立つ鬼龍院家の次期当主だと言うのです。
つまり、最強のあやかしってことですね。

玲夜は瑶太に焼かれた柚子の腕を一瞬で治すと、そのまま柚子を鬼龍院の屋敷へ連れて帰ります。
そしで柚子をお姫様抱っこすると、「黙って抱かれていろ」と囁いてそのまま部屋へ連れて行き…。
愛を知らない柚子は玲夜をまだ信じられないようですが(出会ったばかりだし当然か^^;)、玲夜はあやかしの伝説通り、もう柚子にメロメロのようですね♪
にしてもいきなり寝込みを襲うんじゃなくてデコチューで安心しました(笑)
さて、玲夜はドス黒いオーラを放ちながら、柚子の家族を消そうとしていますが、両親や花梨をどうギャフンと言わせるのか楽しみです♪

【鬼の花嫁/第3巻/あやかしの花嫁】最強の鬼にドロドロに愛されて…あらすじ感想※ネタバレ注意

今回は玲夜視点のお話です。
花嫁をみつけたあやかしは生涯身も心も囚われる、と言う「花嫁伝説」を信じていなかった玲夜。
しかし柚子を見た瞬間、心臓に電撃が走ったような感覚に襲われます。
それはこの人が俺の花嫁だ…と本能が告げているかのような不思議な感覚でした。

玲夜は柚子を鬼龍院の屋敷に迎え入れたあと、使用人に命じ柚子が持っていた破れたワンピースを一晩で元通りに修復させます。
そんな玲夜の心遣いに、涙を流して喜ぶ柚子。
玲夜は柚子をもっとドロドロに愛して、自分なしでは生きれなくしてやろうと考えて…。
最強のイケメン鬼にドロドロに愛される…とか最高すぎてもはや怖いです(笑)

【鬼の花嫁/4巻/哀しい決心】あらすじ感想※ネタバレ注意

あの家から出るために、祖父母と養子縁組してはどうかと玲夜に提案された柚子。
そしてここで一緒に暮らそうと玲夜に言われ、まだ愛される自信がない柚子はすぐに返事をすることができませんでした。

かといって家にも帰りたくない柚子は、意を決して「学校用品を持ってきてほしい」と花梨にメールを送ります。
するとすぐに返事が!
もしかして仲直りできるかも…と胸を躍らせて待ち合わせの場所に向かいますが、そこでの花梨の態度は柚子の淡い期待を粉々に打ち砕くものでした…。
花梨があまりにもガチの悪役すぎて笑っちゃいましたw
花嫁のこんな性悪な態度を見て、瑶太は何も思わないのでしょうか…?

これがキッカケで柚子はついに祖父母と養子縁組する決心をし、玲夜とともに実家へ向かいます…!

【鬼の花嫁/5巻/紅い瞳の報復】花梨の目の前で瑶太が…あらすじ感想※ネタバレ注意

玲夜が部屋に足を踏み入れた瞬間、その圧倒的オーラに静まり返る一同。
玲夜の正体を知っている瑶太は、なぜこの方がここにいるんだと口を開けてあんぐりです(笑)
しかしそんなことを知らない花梨は、「私は孤月瑶太の花嫁よ」と上から目線で玲夜にドヤ顔。
無礼な発言を連発します。
玲夜が最強の鬼であることを知っていると、花梨の発言はトンチンカンすぎて笑ってしまいますね(笑)
そんな花梨を止めようと間に割って入った瑶太も、状況が理解できないのか、柚子のことをあろうことか「この女」呼ばわり。
玲夜の怒りを買って全身火だるまにされてしまいます…。
以前瑶太は柚子の腕を燃やしてしまいましたが、その何倍ものスケールでやり返されてて笑っちゃいましたw
ボロボロになって気絶した瑶太の横で、悔しそうな顔をする花梨。
それを横目に高道(玲夜の秘書)は、柚子の両親に養子縁組の書類に強制的にサインをさせるのでした。

さいごまで柚子を悪者にしようとする両親、自分が世界の中心にいるかの花梨の態度。
安定の悪役っぷりでいっそすがすがしいです!

【鬼の花嫁/6巻/新しい家】花梨が瑶太に色じかけで…あらすじ感想※ネタバレ注意

養子縁組のサインをもらい、もう用はないとばかりに立ち去ろうとする玲夜たち。
それを怒り心頭の花梨が呼び止めます。
「孤月家に言い付けてやる。お姉ちゃんもそこの男もただじゃ済まないから!」
自分じゃ何もできないくせに、まさに「虎の威を借る狐」状態w
しかしそんな花梨の脅しにもびくともしない玲夜に、さすがの花梨もただならぬものを感じ始めます。
そして玲夜が自分は鬼龍院本家の次期当主であること、柚子が玲夜の花嫁であることを述べると、一同は青ざめます。
まさかずっと見下してきたお姉ちゃんが、最強の鬼の花嫁なんて…。
両親もなんとか柚子を家に連れ戻せないかと手のひら返し。
毎回ながら潔いほど自分たちのことしか考えてなくて、もはや尊敬してしまいますw

柚子が鬼の花嫁に選ばれたことを認めたくない花梨は、静かに闘志を爆発させます。
瑶太に色じかけをし、玲夜と柚子を引き離すよう頼んだのです。
瑶太は鬼龍院を相手にするなど無謀だと頭では分かっているようですが…花嫁の言うことは絶対なのがあやかしの男の運命。
どんなリスクを負っても花梨の願いを叶えると覚悟を決めたのでした…。
柚子の腕を燃やしたときは瑶太もクズだと思っていましたが、諸悪の根源の花梨がどうしようもない女すぎて、瑶太も被害者な気がしてきました^^;

【鬼の花嫁/単行本版1巻/単話版1巻〜6巻】感想

花梨と両親が害悪すぎて、ほんと柚子の幸せにとっていらない存在ですね!
しかもそれを自覚してないし、反省する気もないところがこの人たちはどうしようもないです^^;
祖父母はとてもいい人なのに;;なんで息子はああなってしまったんでしょうか(笑)
この物語は柚子が最強の鬼・玲夜に溺愛されるシンデレラストーリーですが、私は性悪の花梨がこれからどんないらんことをして、どんなふうに玲夜を怒らせるのかが楽しみでなりません(笑)

【鬼の花嫁/7巻/柚子のお披露目】あらすじ感想※ネタバレ注意

これから鬼龍院の屋敷で暮らす柚子を、使用人たちに紹介する玲夜。
ピシッと列をなして玲夜に頭を下げる使用人たちの姿は圧巻です^^;
しかしその途中で、玲夜は本家から呼び出しを受けてしまいました。
一人になった柚子はフと、大事な用を思い出します。
その後、親友の透子に会うために猫田家に行くと、にゃん吉(透子の彼氏のあやかし)が突然柚子につかみかかってきて…?!

柚子に頭を下げる使用人たちが迫力ありすぎて、江戸時代のお殿様を思い出しました(笑)
御意!とか現代で使わないから!(笑)鬼龍院は古風で伝統的な家柄なんでしょうね。
そして、家を飛び出して玲夜と出会う→花梨にアンタなんか誰も心配してないと言われる→両親と絶縁する→鬼龍院家で暮らす、というこれまでの流れが、たった3日の間に起きていることに驚きました。
まさに柚子の人生激変です^^;

さて、学校をサボってしまった柚子は、透子に事情を説明しに猫田家に行ったわけですが、何やら猫田家の使用人もにゃん吉くんも大慌てですね。
柚子が慌てて屋敷を出ていったときに鬼龍院家の使用人が大慌てだったのも気になります(笑)
次回は花梨がまたいらんことをやらかしてくれないかなーと期待してますw

【鬼の花嫁/8巻/花嫁への愛は永遠か?】あらすじ感想※ネタバレ注意

柚子から鬼の気配がする、と血相を変えて慌てるにゃん吉。
しかしそんなものどこ吹く風の透子は、気にせず柚子を家に招き入れます。
柚子はこれまでに自分の身に起きた出来事を話し、にゃん吉と透子から「あやかしの花嫁」について衝撃の事実を聞くのでした。

それからしばらく経ったころ、にゃん吉の家に柚子を迎えに玲夜がやってきます。
どうして居場所がわかったの?と思ったら、小鬼ちゃんの霊力がGPS代わりになるらしいです。
小鬼ちゃん便利すぎるw
帰りの車の中で、学費のためにバイトをしたいと言う柚子に、「お金のことも含め、柚子の面倒は全て俺が見る」と宣言する玲夜。
しかしそんな玲夜のことを信じきれない柚子の心を、玲夜に見透かされてしまい…。
あごクイからの強引なチュー…俺様全開の玲夜に悶えました!
しかし柚子の、自分の全てを預けて捨てられてしまったら怖い…っていう心情も、これまでのことを考えると理解できます。
これから時間をかけて、柚子の閉ざされた心を開いていくんでしょうね。
何より表紙のにゃん吉と透子が美しすぎて見惚れてしまいます。

【鬼の花嫁/9巻/ライバルは有能秘書】花嫁に夢中のイケメンが強引に…あらすじ感想※ネタバレ注意

玲夜の強引なキスに、想いの強さを感じる柚子。
「柚子を離すつもりはない」ときっぱり言い切る玲夜に、柚子は両親や大和(花梨を好きになったと言って柚子をフった元カレ)みたいに心変わりするかもしれない…と不安を打ち明けます。
柚子に彼氏がいたという事実に拗ねながらも、柚子の不安を取り除こうとハグする玲夜に萌えましたw

しかし翌日学校で「若様(玲夜)には婚約者がいる」と言う話を透子から聞き、柚子は動揺してしまいます…!
とはいえ、にゃん吉のフォローでそれは心配するに足らないことであると判明。
玲夜の婚約者・鬼山桜子と玲夜の婚約は一族の話し合いによって決められたものであり、花嫁が現れた場合は花嫁を優先するのがあやかしの決まりなんだそうなんです。
今では透子に超ベタ惚れのにゃん吉にも、昔は婚約者がいたなんて信じられない><
あやかしは自由恋愛はあまりしないようですね。

さて、学費のためにバイトをしたい!という柚子の想いを汲んでくれた玲夜。
柚子は玲夜の社長室で、書類整理などのバイトをさせてもらえることになりました。
しかし玲夜の秘書の高道はそれを良く思っていないようで…?!
ライバルは婚約者じゃなくて、まさかの秘書(※男)!w

【鬼の花嫁/10巻/】あらすじ感想※ネタバレ注意

配信されたら更新します♪

【鬼の花嫁】
全話あらすじ感想まとめ
>>単行本【1巻/2巻】花梨の目の前で瑶太が…9巻UP!

まとめ

鬼の花嫁【最新話9巻】を読めるのは
コミックシーモアだけ!

>>noicomi鬼の花嫁9巻(コミックシーモア)
【鬼の花嫁】を一気見したい方は単行本版をどうぞ♪

>>鬼の花嫁 1 (noicomi COMICS)(コミックシーモア)
収録話は1話〜6話+書き下ろし漫画と小説つき♡
\現在1巻まで配信中/

家族から虐げられていた主人公が一転、最高のパートナーを見つけるシンデレラストーリーって、ありがちだけどなぜかハマってしまいます。
最近だと「私の幸せな結婚」もこのグループでしょうか。
この漫画にもめちゃめちゃハマってるんですが…長くなるので、機会があれば別記事で語りますねw(アニメ化も決まっていて楽しみすぎます!)
この手の話が好きな私には嬉しい限りです♪
「鬼の花嫁」は、悪役が完全に悪役を貫いてくれるからスカッとします。
悪役が「実は意外といいやつキャラ」だと、面白いけど「あれ?」ってなっちゃうんですよね^^;
その点、花梨はおバカなくらい見事な悪役なので、安心して読めます(笑)

さいごまで読んでいただいてありがとうございました♪