26番目の殺人(漫画)【21・22・23・24・25話】ネタバレ有りのあらすじ感想

26番目の殺人 「26番目の殺人」漫画のネタバレ

26番目の殺人(漫画)【21話・22話・23話・24話・25話】のネタバレ有りのあらすじ感想をお伝えします♪

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

16話・17話・18話・19話・20話
↑前
全話まとめ
次↓
26話・27話・28話・29話・30話

26番目の殺人(漫画)【第21話】ネタバレ有りのあらすじ感想

女性をあの空き家にしばらく置いてあげて欲しいとキム老人に頼むギス(ピルデュ)。

村の漁師からお裾分けしてもらった魚を七輪で焼いてあげるなど、甲斐甲斐しく女性のお世話します。

そんなギスに少し心を開いたのか、笑顔を見せるようになった女性。

その笑顔を見て、ギスは「良かった、やっと笑ってくれましたね。」などとくさいセリフをサラッと吐きます。

イケメンかよ!(笑)

女性の名前はハン・ジウォン

ジウォンは今までの嫌なことを忘れられそうだから、しばらくこの村に住みたいと言いだしました。

しかしギスに名前を聞いたときの鋭い視線…ジウォン、何か秘密を隠していそうですね。

22話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第22話】ネタバレ有りのあらすじ感想

一緒に村の祭りに参加したギス(ピルデュ)とジウォン。

その様子はまるで夫婦のようだと村民たちは大盛り上がりです。

それにはギスもまんざらではない様子(笑)

たくさん笑顔を見せるようになったジウォンに、「あなたが元気になってくれたら、僕はとても嬉しい。」などと発言し、ジウォンの頬を赤らめさせます。

とってもいい雰囲気です。

その後ギスは村の子供たちに引かせる地引網の準備のために、一人ボートで海へ出ます。

その作業中、村のほうを見ると建物から煙が!

慌てて戻ると、公民館が火事になっていました。

キム老人がまだ中にいると聞いたギスは、ジウォンや消防が制止するのも聞かずに中に飛び込んでいったのでした…!

ギス、「必ず帰ってきます」とか死亡フラグ立てちゃってるんですけど…!

23話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第23話】ネタバレ有りのあらすじ感想

燃えさかる公民館の中に飛び込んでいったギス(ピルデュ)。

建物は柱が崩れ落ちるほどの状態で、もはや全焼レベルです。

そんな様子を呆然と見つめるジウォン。

すると、中からキム老人を背負ったギスが出てきました!

二人が生きて火事現場から出てきたことに、あたりからは大歓声がおこります。

そんな中、ギスに駆け寄りハグするジウォン

あなたが死んでしまったら生きる希望を失ってしまうところだった、と涙を流します。

そんなジウォンに、僕と一緒にこの村で暮らそう、あなたが好きだ、と告白するギス。

二人は気持ちを確かめ合うように、そっと口づけを交わしたのでした。

あれ?「26番目の殺人」はいつから恋愛漫画になったんですか?(笑)

その後、消防署長から勇気ある行動を表彰したいと話を持ちかけられますが、ギスはこれを辞退。

なぜなら、ギスはテレビや新聞に出るわけにはいかないからです。

ギスは思い出します。

5年前、ジウォンと同じようにこの村の崖から飛び降りようとしていたところを、キム老人に助けられたことを。

「キム・ギス」という名前をもらったことを。

ギス、キム老人と苗字が同じだと思ったら、キム老人が名付け親だったんですね。

24話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第24話】ネタバレ有りのあらすじ感想

5年前、死刑を免れたピルデュ(ギス)は、国民の敵意に晒されながらの生活を余儀なくされました。

自分はいったい誰なんだろう?

ピルデュはアテもなくフラフラと街をさまよいます。

そこで辿り着いたのが町外れにある場末のスナック。

そこのママはテレビを見ないらしく、ピルデュを店に入れてくれ、食事を恵んでくれました。

その店に置いてあった釣り雑誌を何気に開いたピルデュ。

そこに載っていた漁村と断崖絶壁の崖に惹かれたピルデュは、この村に行こうと決めます。

そして次の日、お世話になったママに挨拶をし、ピルデュは電車も通っていないその漁村を歩いて目指し始めたのでした。

このママ、絶対困っている人を放っておけないタイプ。

25話に続きます♪

26番目の殺人(漫画)【第25話】ネタバレ有りのあらすじ感想

雑誌の載っていた漁村に辿り着いたピルデュ(ギス)。

そして崖から飛び降りようとしていたところで、キム老人に出会ったのでした。

キム老人はポツリポツリと話します。

自分の息子も崖から飛び降りようとしていたこと、その息子は30年前に行方不明になってしまったこと。

息子がピルデュに少し似ていたこと、息子の名前が「キム・ギス」であること。

こうしてピルデュはキム老人から「キム・ギス」の名前と戸籍をもらい、キム老人の息子としてこの漁村で暮らし始めたのでした。

そして現在、キム老人はギスのことを最初からジャン・ピルデュだと気付いていたと白状し、このことはまだジウォンには話さない方がいいと助言します。

キム老人…この漫画一番のいい人じゃないですか(涙)

しかしテレビや新聞は来ないからと受けたはずの消防署長からの表彰式で、ギスはHPに写真を載せられてしまいます

それを偶然見つけたチェ検事は驚きの表情を見せ…!?

26話に続きます♪

16話・17話・18話・19話・20話
↑前
全話まとめ
次↓
26話・27話・28話・29話・30話