最新話【26番目の殺人/漫画/71話〜80話】ピルデュ、刺される…あらすじ感想※ネタバレ注意

26番目の殺人 「26番目の殺人」漫画のネタバレ

ピルデュ、刺される…

【26番目の殺人/漫画/71話・72話・73話・74話・75話・76話・77話・78話・79話・80話】あらすじ感想をお伝えします♪※ネタバレ注意

「26番目の殺人」単行本版2巻発売中

>>26番目の殺人 2 (コミックシーモア)
次巻【3巻】は発売日未定です。楽しみに待ちましょう!
【26番目の殺人】
全話あらすじ感想まとめ
>>01話〜10話/死刑囚が記憶喪失?!
>>11話〜20話/記憶喪失は演技?
>>21話〜30話/チェ検事、ピルデュを発見!
>>31話〜40話/ジウォンの正体は…
>>41話〜50話/26番目の犠牲者は…
>>51話〜60話/結婚式に警察乱入!
>>61話〜70話/ピルデュの記憶が戻った?!
>>71話〜80話/ピルデュ、刺される…77話UP!

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

【26番目の殺人/漫画/71話】ピルデュ、刺される…あらすじ感想※ネタバレ注意

キッチンから包丁を持ち出し、「ピルデュ(ギス)を殺るなら今しかない」とジス(ジウォン)に実行を迫るソヨン(ジスの親友)。
ジスは包丁を握り、眠るピルデュに近づきますが、タッチの差で警察が部屋にやってきます。
ソヨンはジスがピルデュを殺すのを躊躇したのを見て、全てを悟り…。

「あの男と幸せになってなんて言えないけど、あなたには幸せになる権利がある」って言うソヨンの涙にグッときました。
ジスは、やっぱりピルデュを本気愛してしまったようです。
しかしいくらソヨンがお金を持たせてくれても、もう二人で逃げ切れる段階ではなさそうですね^^;

【26番目の殺人/漫画/72話】ジウォン、確保!あらすじ

ついに警察がソヨン(ジスの親友)の部屋に突入しようと準備を始めました。
ソヨンは自分が捕まる覚悟で、ピルデュ(ギス)とジス(ジウォン)を逃がそうとします。
そんなソヨンの覚悟を見たピルデュは、「ソヨンとジウォンは人質だった」と警察に思わせるために、一人で逃げることを決意。
そしてジウォンに「ジャンウォン弁護士に連絡してほしい」と言いますが…。

「ジャンウォン弁護士に連絡すれば君たちを助けてくれる」と言い残し、逃げようとするピルデュ。
しかしジウォンはソヨンよりピルデュと一緒に逃げることを決め、強引に逃走用のハシゴを降りはじめます。
しかしハシゴを降りた先には、警察が待ち構えていました。
警察の前に立ちはだかり、ピルデュに「逃げて」と叫ぶジウォン。
ピルデュはジウォンに「必ず助けに行く」と約束し、一人で夜の道を走りだしたのでした。

【26番目の殺人/漫画/73話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ジャンウォン弁護士がピルデュ(ギス)を車で迎えに来てくれ、久しぶりの再会を果たした二人。
ピルデュはジャンウォン弁護士の前から姿を消したあの日から今日まで、あの漁村で別人として暮らしていたことを語ります。
ジャンウォン弁護士は「余罪が見つかったからまた追われているのかもしれない」と推測し、所有する山荘でピルデュを隠すことにしますが…。

ピルデュの姉(偽物)が再び登場!
ジャンウォン弁護士、あとをつけられてました…。
またピルデュの居場所を誰かに売るつもりなのか?><
そしてもう一人、ジャンウォン弁護士が「先生」と呼ぶ人を山荘に招こうとしているのが気になります。
私は裁判でピルデュの記憶喪失を証言した、脳科学者のミョンハン教授かも?って予想してます><

【26番目の殺人/漫画/74話】あらすじ感想※ネタバレ注意

山荘でこれからの作戦を練るピルデュ(ギス)とジャンウォン弁護士。
その途中でジャンウォン弁護士に「先生」から「慣れない山道で事故を起こしてしまったから助けてくれ」と連絡が入ります。
ジャンウォン弁護士はピルデュにすぐ戻る、と言い残し山荘を出ていきます。
そこにピルデュの姉(偽物)が「あなたを助けに来た」とやってきて…。

「先生」の正体は予想的中のミョンハン教授(ピルデュに娘を亡き者にされたのに、裁判でピルデュの記憶喪失を証言した人)でした!
ジャンウォン弁護士とミョンハン教授の「私たちの手で全て終わらせよう」という言葉…これがそのままの意味だとすると…^^;
二人が最初からピルデュを自分たちの手で葬り去ろうと計画していたのなら、ミョンハン教授がわざわざ裁判でピルデュに有利な証言をした理由も納得できますね。
そしてピルデュの姉(偽物)…この人が何をしたいのかわからないですが、今ピルデュが生き残るにはこの人についていくしかなさそうなのがやっかいです^^;

【26番目の殺人/漫画/75話】あらすじ感想※ネタバレ注意

「ジャンウォン弁護士と協力してあなたを探していた」「姉の私しか知らない子どもの頃の話をしてあげる」と言って、ピルデュ(ギス)を油断させるピルデュの姉(偽物)。
この人、ホントに口がうまいな…。
ピルデュは思わず山荘のドアを開けます。
しかし次の瞬間、電気ショックを当てられ気絶してしまいます…。
ピルデュの姉(偽物)、ピルデュを連れ去る気満々だったようですね。
そもそもこの人は本当に姉なのか?何がしたいのか?全てが謎すぎます…。

一方、事故を起こしたミョンハン教授(ピルデュに娘を亡き者にされたのに、裁判でピルデュの記憶喪失を証言した人)を迎えにきたジャンウォン弁護士。
会話から、二人の計画が明らかになりました。
ミョンハン教授が法廷で死刑回避に有利な証言をし、ジャンウォン弁護士がピルデュを弁護した理由…それは、ピルデュを塀の外に出し自分たちの手で片付けるためでした。
やっぱりそうなのか…うすうすそんな気はしていました。
大事な孫を亡き者にされて、「記憶喪失だから無罪だ!」なんて本気で言ってたら怖いです^^
善人って言うより、狂気を感じます…。
しかしジャンウォン弁護士たちが山荘に着いた頃には、ピルデュはもう連れ去られたあとだったのです…。
26人殺しの恨みが渦を巻いてドロドロしています!

【26番目の殺人/漫画/76話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ジウォン(ジス)はギス(ピルデュ)を本気で庇うつもりなのか。

検察庁にて、チェ検事に尋問を受けるジウォン。
名前を聞かれても「ジウォン(偽名)」と名乗る。
ブーケから落ちたナイフも「見たことない」で通す。
ピルデュのことは何も語りません。
ピルデュの逃亡にジスが関わっていることは明らか。
しかし、チェ検事の関心は他のことにありました。
「この女は、キム・ギスがジャン・ピルデュだと知っていたのか?殺人鬼だと知った上で、彼を愛したのか?
ジスが逃亡で犯した罪よりも、いくら記憶を無くしたとはいえ、26人もの女性を亡き者にした男を本気で愛せるのか?ということが気になるようです。
さすがピルデュの亡霊に囚われた男…^^;

一方、ピルデュが連れ去られたあとの小屋に帰ってきたジャンウォン弁護士とミョンハン教授。
そこに「ご遺族のみなさまへ」と書かれた招待メールが届きます。
そのグループトークを開くと、そこにはイスに拘束されたピルデュの写真がありました。
なんとピルデュの姉(偽物)は、事件の遺族たちを対象にして「ピルデュの命をかけたオークション」を行っていたのです…!
遺族の怒りや悲しみを食い物にする姉…怖すぎる…^^;

【26番目の殺人/漫画/77話】あらすじ感想※ネタバレ注意

イ検事補佐、ついに動き出す…!

ジス(ジウォン)の指紋鑑定書を破棄したり、ジスとピルデュ(ギス)の乗ったトラックを検問に通したりと、まるでジスの味方をするような行動をしていたイ検事補佐。
彼の目的はまだ分かりませんが、ついにジスと対面するときがきました。
イ検事補佐は助手たちを買い出しに行かせ、チェ検事に休憩を勧めると、代わりに自分が取調室に入ります。
イ検事補佐の顔を見たジスは、驚きの表情で…。

一方ピルデュ事件の遺族による、ピルデュの命をかけたオークションは、とんでもない高値を叩き出していました。
ここまできて他の遺族にピルデュを取られてたまるものか、と焦るジャンウォン弁護士とミョンハン教授。
しかし、ピルデュの姉(偽物)は、金額に満足したのかオークションを終了させます。
はたして、ピルデュを落札したのはいったいだれなのか…?!
おそらく、ジャンウォン弁護士らは入札していないと思います。
予想するに、ここにもイ検事補佐が絡んでいそうです…!

【26番目の殺人/漫画/78話】あらすじ感想※ネタバレ注意

配信されたら追記します♪

【26番目の殺人/漫画/79話】あらすじ感想※ネタバレ注意

配信されたら追記します♪

【26番目の殺人/漫画/80話】あらすじ感想※ネタバレ注意

配信されたら追記します♪

【26番目の殺人】
全話あらすじ感想まとめ
>>01話〜10話/死刑囚が記憶喪失?!
>>11話〜20話/記憶喪失は演技?
>>21話〜30話/チェ検事、ピルデュを発見!
>>31話〜40話/ジウォンの正体は…
>>41話〜50話/26番目の犠牲者は…
>>51話〜60話/結婚式に警察乱入!
>>61話〜70話/ピルデュの記憶が戻った?!
>>71話〜80話/ピルデュ、刺される…77話UP!
「26番目の殺人」単行本版2巻発売中

>>26番目の殺人 2 (コミックシーモア)
こちらでも購入できます
Kindle>>楽天kobo>>eBookJapan>>ブックライブ

こちらの記事もどうぞ↓
>>今一番面白い漫画おすすめランキング【2022】

さいごまで読んでいただきありがとうございました♪