【26番目の殺人/漫画/41話〜50話】26番目の犠牲者は…あらすじ感想※ネタバレ注意

26番目の殺人 「26番目の殺人」漫画のネタバレ

26番目の犠牲者は…

【26番目の殺人/漫画/41話・42話・43話・44話・45話・46話・47話・48話・49話・50話】あらすじ感想をお伝えします♪※ネタバレ注意

「26番目の殺人」単行本版4巻発売中

>>26番目の殺人 4 (コミックシーモア)
次巻【5巻】は発売日未定です。楽しみに待ちましょう!
【26番目の殺人】
全話あらすじ感想まとめ
>>01話〜10話/死刑囚が記憶喪失?!
>>11話〜20話/記憶喪失は演技?
>>21話〜30話/チェ検事、ピルデュを発見!
>>31話〜40話/ジウォンの正体は…
>>41話〜50話/26番目の犠牲者は…
>>51話〜60話/結婚式に警察乱入!
>>61話〜70話/ピルデュの記憶が戻った?!
>>71話〜80話/ピルデュ、刺される…
>>81話〜90話/ピルデュ、呪いをかけられる!87話UP!

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

【26番目の殺人/漫画/41話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ソヒ(ジスの娘)が亡くなってから一ヶ月…25人もの女性を亡き者にしたジャン・ピルデュ(ギス)が逮捕されました。
ジス(ジウォン)、ヨンチョル(ジスの夫)、ジャンウォン弁護士…みんな、ソヒのこともこいつがヤッたに違いない!と確信していました。
しかし警察は、ピルデュが成人女性だけじゃなく子供にまで手を出していたと世間に知れたら、また自分たちがバッシングを受けてしまう。
そんなくだらない理由で、ソヒの事件をろくに捜査せず闇に葬ってしまったのです。
担当警察のイ巡査は、もうこの事件にかかわるなという上からの命令に悔しそうに唇を噛み締めます。
本当にソヒに酷いことをしたのがピルデュなのかはわかりませんが、確かに子供にまで手を出していたとなると犠牲者は25人どころじゃなさそうですね(汗)

【26番目の殺人/漫画/42話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ソヒ(ジスの娘)の事件と、これまでのピルデュ事件の関係性を調べていたヨンチョル(ジスの夫)とジャンウォン弁護士。
ソヒの事件にはピルデュ事件との類似点がいくつもある…ソヒはジャン・ピルデュ(ギス)の26番目の犠牲者だ!
ヨンチョルは警察に訴えます。
しかし警察は動いてはくれません…。
ヨンチョルは精神的に追い詰められていき、食事もままならず酒浸りの生活になっていきます。
大事な一人娘を亡くした苦しみはヨンチョルにとってとても耐えられるものではなく、ついに倒れて救急車で運ばれてしまったのでした。
もう戻ってこなくても、せめてソヒのことをきちんと捜査してほしい…ヨンチョルの想いは当然だと思います;;

【26番目の殺人/漫画/43話】あらすじ感想※ネタバレ注意

病院に運ばれたヨンチョル(ジスの夫)。
ジス(ジウォン)の祈りも虚しく、ヨンチョルは脳死を宣告されてしまいます。
娘と夫を亡くしたジスは、仇であるジャン・ピルデュを自分の手で地獄に送ってやる…!それだけを心の支えにして生きていました。
そして執念でピルデュの捜索を始めます。
それから5年の月日が流れ、ついにあの漁村でピルデュ(ギス)を見つけたのでした。
ギスがキム老人を火事現場から助けたとき、ジスが「あなたがいなくなったら生きる希望を失ってしまう」と言っていたのは、こういうことだったんですね…。

【26番目の殺人/漫画/44話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ときは戻って現在、もう一人墓参りにやってきた人物がいました。

ソヒの祖父であり、ヨンチョルの父であるジャンウォン弁護士です。
ジャンウォン弁護士はジス(ジウォン)に対して、「もう二人のことは忘れて、新しい人生を生きなさい」と助言します。
しかしジスは二人を忘れるなんてとてもできそうにありません。
ジャンウォン弁護士はジスが復讐のためピルデュ(ギス)に近づいていることを知らないんですね。
ソヨン(ジャンウォン弁護士にピルデュの弁護を頼んだ人)とジスが手を組んでいることも知らないようです。
だからお墓でハチ合わせしないように、ソヨンは先に帰ったんですね。
一方、ギスは村の老人の治療費を肩代わりするため、ジウォンのために買った婚約指輪を返品しなければならない事態になっていました…。

【26番目の殺人/漫画/45話】あらすじ感想※ネタバレ注意

知人の漁の手伝いに出たギス(ピルデュ)。
そこで、たまに真珠が入っているという貝の種類を教えてもらいます。
仕事後、一人で素潜りをし、その貝を探すギス。
奇跡的にいいサイズの真珠が入った貝をゲットすることができました。
きっとこれで返品した代わりの指輪を作ろうとしているんでしょうね。
そしてその夜…同じ布団で眠るギスの寝顔を見ながら、「どうして何もかも忘れてしまったの?」と涙を流すジウォン(ジス)
この涙は…記憶を無くして別人になったギスに、計画を実行することを戸惑っている涙でしょうか。
やはりジウォンは一緒に暮らしているうちにギスに情が出てきてしまったようですね。

【26番目の殺人/漫画/46話】あらすじ感想※ネタバレ注意

漁に出かけるふりをして、ジウォン(ジス)への指輪を手作りするギス(ピルデュ)。
人を愛することを教えてくれた彼女を幸せにしたい…そんな想いで一心不乱に作業をします。
そしてそんなギスを物影からこっそり覗き見るジス。
その目はうつろで、なんだか闇堕ちする一歩前みたいな雰囲気が出ちゃってます…。
一方、ジャン・ピルデュ事件を再捜査中のチェ検事のもとに、とある人物が訪れていました。
その人物とは、ソヒ(ジスの娘)が亡くなった事件で、当時の担当警察署長だったユン・ジョンギル氏でした。
このタイミングで何しにきたんでしょうか…?!

【26番目の殺人/漫画/47話】あらすじ感想※ネタバレ注意

チェ検事のもとにやってきた、ソヒ(ジスの娘)事件のことを知る貴重な人物、ジョンギル氏。
ジョンギル氏が今日ここにやってきた目的…それはソヒ事件がジャン・ピルデュの26番目の殺人だと伝えるためでした(まあ、チェ検事はとっくに気づいているわけですが^^;)。
ジョンギル氏は10年前、上の命令でソヒ事件をもみ消したのは自分だと白状します。
そしてチェ検事にもう一度ジャン・ピルデュを逮捕してほしいとお願いにきたのでした。
強力な後ろ盾を得たチェ検事は、ジャン・ピルデュの再逮捕に向けて、まずはキム・ギスがジャン・ピルデュと同一人物である化学的な証拠を掴もうと動き出します…!

【26番目の殺人/漫画/48話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ギス(ピルデュ)たちの住む漁村に連れてこられた、二人の子どもたち。
この子たちはなんと、行方不明になったキム老人の本物の息子の子どもたちでした。
キム老人の本物の息子も、この子たちの母親も、育てることを放棄して消えてしまったようです…。
それで会ったこともない祖父、キム老人を頼りにこの村にやってきたのでした。
しかし、キム老人は認知症が進んでいて、子どもの世話なんてとてもできる状態じゃありません。
そこでギス(ピルデュ)とジウォン(ジス)がキム老人の息子代わりとして二人を育てることになったのでした。
こうして4人でいるのを見ると、幸せな家族そのものですね。

【26番目の殺人/漫画/49話】あらすじ感想※ネタバレ注意

キム老人の家に子供たち(お兄ちゃんのヒョンスと妹のアルム)を連れてやってきたギス(ピルデュ)とジウォン(ジス)。
昔、家を出て行った本物の息子の子どもだと言われ、キム老人は少し戸惑います。
そんなキム老人のために、みんなで食卓を囲もうと食事の準備をするギスとジウォン。
ジウォンは台所で料理をし、ギスは市場へ魚を買いに行くことになりました。
調達した魚を持って帰る前に、飼っているネコに小魚を分け与えるギス。
その様子をこっそり見ているチェ検事…。
チェ検事はギスが立ち去ったあと、ギスが触ったネコの餌入れを回収して帰って行ったのでした。
ギスの指紋、取られちゃいました…。

【26番目の殺人/漫画/50話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ギス(ピルデュ)の指紋のついた餌入れを回収し、検察庁に帰ったチェ検事は、すぐに指紋の照合を依頼します。
一方、ギスはジウォン(ジス)に「私たちで本当の家族みたいにアルムとヒョンス(キム老人の孫たち)を育てよう」と言われ、ついにプロポーズを決意!
夜の海辺で、ジスに指輪を渡し愛の言葉を告げます。
僕と結婚してください。この海辺の村で、家族になって死ぬまでずっと一緒にいよう。
夜の海と三日月を背景にプロポーズ…めちゃめちゃロマンチックです。
はたしてジウォンの返事は!?

【26番目の殺人】
全話あらすじ感想まとめ
>>01話〜10話/死刑囚が記憶喪失?!
>>11話〜20話/記憶喪失は演技?
>>21話〜30話/チェ検事、ピルデュを発見!
>>31話〜40話/ジウォンの正体は…
>>41話〜50話/26番目の犠牲者は…
>>51話〜60話/結婚式に警察乱入!
>>61話〜70話/ピルデュの記憶が戻った?!
>>71話〜80話/ピルデュ、刺される…
>>81話〜90話/ピルデュ、呪いをかけられる!87話UP!
「26番目の殺人」単行本版4巻発売中

>>26番目の殺人 4(コミックシーモア)
こちらでも読めます
>>Kindle >>楽天kobo
>>eBookJapan >>ブックライブ

こちらの記事もどうぞ↓
>>今一番面白い漫画おすすめランキング【2022】

さいごまで読んでいただきありがとうございました♪