【26番目の殺人/漫画/31話〜40話】ジウォンの正体は…あらすじ感想※ネタバレ注意

26番目の殺人 「26番目の殺人」漫画のネタバレ

ジウォンの正体は…

【26番目の殺人/漫画/31話・32話・33話・34話・35話・36話・37話・38話・39話・40話】あらすじ感想をお伝えします♪※ネタバレ注意

https://twitter.com/abd_inoue/status/1417862409419509760

【26番目の殺人】
全話あらすじ感想まとめ
>>01話〜10話/死刑囚が記憶喪失?!
>>11話〜20話/記憶喪失は演技?
>>21話〜30話/チェ検事、ピルデュを発見!
>>31話〜40話/ジウォンの正体は…
>>41話〜50話/26番目の犠牲者は…
>>51話〜60話/結婚式に警察乱入!
>>61話〜70話/ピルデュの記憶が戻った?!
>>71話〜80話/ピルデュ、刺される…71話UP!

当サイトは完全なネタバレではなく、みなさまに「イラスト付きで読みたい!」と思っていただけるような記事作りを心がけておりますので、ご理解ください。

【26番目の殺人/漫画/31話】あらすじ感想※ネタバレ注意

毎晩、人を殺めるという恐ろしい夢にうなされるギス(ピルデュ)。
ジウォンは、一度病院に行って医者に診てもらったほうがいいと提案します。
あまり気乗りしないギスですが、ジウォンに宥められキム老人の見舞いのついでに診てもらうことになりました。
一方、チェ検事とスンボム刑事は、幼い女の子が酷い姿で発見された未解決事件の捜査ファイルを調べていました。
当時、スンボム刑事はこれもピルデュの犯行ではないかと疑ったそうですが、ピルデュをなかなか捕まえられない検察がバッシングを恐れて事件をもみ消したそうなんです。
検察も大概カスですね…。
チェ検事はこの事件を極秘で再捜査するため、スンボム刑事ともう一人、かつての相棒であるイ・テジュ検事補佐に協力を仰いだのでした。
コワモテのチェ検事の相棒が優しそうなイ検事補佐でなんだかホッコリしちゃいました(笑)

【26番目の殺人/漫画/32話】あらすじ感想※ネタバレ注意

近くのカフェにイ検事補佐を呼び出したチェ検事。
イ検事補佐は、もしこの少女が犠牲になったのがピルデュ(ギス)の犯行だったとして、過去に検察が隠蔽した事件を引っ張り出せはとんでもないことになりますよ!と強力に難色を示します。
しかし、チェ検事は「そんなのしったことか。」と意思を曲げません。
ジャン・ピルデュに取り憑かれたチェ検事は、もはや誰にも止められないようです…。
こうして強制的に捜査に巻き込まれることになったイ検事補佐。
自分の身の上より、純粋にチェ検事の精神を心配している感じがして好感が持てます(笑)
一方、キム老人のお見舞いのついでに精神科によったギス。
夢の内容は誤魔化しながらも、医者に話を聞いてもらい睡眠薬を処方してもらいます。
その薬を飲みながら、もうピルデュの記憶よ出てこないでくれ…!と祈るように願うのでした。

【26番目の殺人/漫画/33話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ギス(ピルデュ)が診てもらった精神科にやってきたジウォン。
どうやらギスには内緒で診察結果を聞きにきたようです。
医者は「ギスさんの脳に損傷したような跡があります。何か聞いてませんか?」とジウォンに訪ねます。
それにジウォンは、ギスが頭打ってケガをしたことがあると答えました。
あれ、ギスはジウォンにピルデュのことは話していないはずなのに…!
医者は「ギスさんは前頭葉に損傷があるので、それで性格が変わることは十分あり得ます」と付け加えます。
それを聞いたジウォンが、じゃあ演技ではないんですね、と呟いててゾッとしちゃいました…。
ジウォン…やっぱりピルデュのこと知ってて近づいたんですね…!
そして病院の帰りのバスの中で、身体を震わせるジウォン。
その感情は怒りか悲しみか…今はまだうかがい知ることはできません。

【26番目の殺人/漫画/34話】あらすじ感想※ネタバレ注意

病院に行ったついでの買い出しで、大きなお肉を買ってきたジウォン。
家にあるお鍋では入らないので、ギス(ピルデュ)はキム老人に大きなお鍋を借りに行きます。
しかし、キム老人は家にいませんでした
胸騒ぎがしたギスは、村民にキム老人を見なかったか聞いて回りますが、誰もキム老人を見ておらず漁の船を出した形跡もなさそうです。
必死にキム老人を探すギス。
やっと見つけたキム老人は、雨の中ずぶ濡れになりながらバス停のベンチに座っていました。
どうやら入院中に認知症を発症してしまったようです…。
ボケてバス停で息子の帰りをずっと待っているキム老人
心配したギスは、いいことを思いついたと何かを作り始めたのでした。
キム老人、息子のことを待ってるのにギス(ピルデュ)のことをギスと認識している(ややこしいw)のに救われますね…。

【26番目の殺人/漫画/35話】あらすじ感想※ネタバレ注意

廃材とペンキを使い、何かを作っているギス(ピルデュ)。
ジウォンと村民はそれを不思議そうに見ています。
ギスが作っていたのは、ダミーのバス停でした。
キム老人やボケた村民のために、交通量の少ない安全な場所に屋根付きのバス停を作ったのです。
この村のボケた老人は、なぜかみんなバス停に来ちゃうんですよね^^;
そんなギスの行動に、老人のためにこんなことまでしてくれるなんて…とギスを褒め散らかす村民たち。
ギスをピルデュだと気付いているジウォンも、他人のために必死に動くギスを見て心が揺れている…かんじに見えます。
そして今回は新キャラ登場。
バスで漁村にやってきた怪しい黒髪の美女…彼女のはいったい何者なんでしょうか?

【26番目の殺人/漫画/36話】あらすじ感想※ネタバレ注意

漁村にやってきた怪しい黒髪の美女。
ギス(ピルデュ)の関係者か?と思ったら、やっぱりそうでした。
この村に住んでみたいと言う美女は、ギスと会話をしながらギスのことを探り始めます。
そしてギスがジャン・ピルデュだと確信すると、颯爽と帰っていきました。
ギスが作ったダミーのバス停を見ながら、「偽物はアイツだけで十分よ」と捨てゼリフを残して。
その後、謎の美女が訪れたのは、なんとジャンウォン弁護士の事務所。
ジャンウォン弁護士は謎の美女の突然の訪問に驚きます。
美女はジャンウォン弁護士に向かって「あなたがあの村に弟を隠したのね」と怪しく微笑んだのでした。
謎の美女、まさかのピルデュのお姉さん…!

【26番目の殺人/漫画/37話】あらすじ感想※ネタバレ注意

「あなたが弟をあの村に隠したのね」とピルデュの姉に言われ、なんのことかわからない様子のジャンウォン弁護士。
消防署で表彰されるギス(ピルデュ)の写真を見せられ、驚きの表情を見せます。
ジャンウォン弁護士は本当にピルデュの居場所を知らなかったようですね。
そして本題に入るピルデュの姉。
ピルデュが生きていることを被害者遺族にバラされたくなかったら金をよこせ、とジャンウォン弁護士を脅迫します。
ピルデュの姉も完全にサイコパス…!
ってかなんでジャンウォン弁護士がピルデュのためにお金出さなきゃいけないのか謎なんですけどw
そして三日待つから考えてと言い、ピルデュの姉は帰っていきました。
その後、ジャンウォン弁護士は慌ててある人に電話をします。
そのある人とは…ジャンウォン弁護士にピルデュの弁護を依頼してきた、あのソヨンでした。
ソヨンは事情を聞くと、「私たちの計画にとんでもない邪魔が入りましたね。」と険しい表情を見せます。
け、計画って何…?私たちって、ソヨンとジャンウォン弁護士のこと?
この二人は最初からグルで、何か目的がありピルデュの刑執行を止めたのでしょうか…?
場所は変わり、誰かの墓参りにやって来たジウォン。
そこで待っていたのは、まさかのソヨンでした…!
ジウォンもジャンウォン弁護士たちの仲間ってこと!?

【26番目の殺人/漫画/38話】あらすじ感想※ネタバレ注意

ジウォンのことを「ハン・ジス」と呼ぶソヨン(ジャンウォン弁護士にピルデュの弁護を依頼した人。)
そんな気はしていたけど、ジウォンはどうやら偽名のようです。
「ハン」はソヨンと同じ苗字だから、二人は姉妹か従姉妹っぽいですね(ってことはソヨンがピルデュ(ギス)の遠い親戚っていうのは嘘なのか)。
そしてお墓の前で声を出して号泣し出したジス(ジウォン)。
ソヨンはそんなジスを慰めます。
このお墓は誰のお墓なのか?ここからジスの回想が始まります。
ジスは旦那のヨンチョル、娘のソヒと三人で暮らしていました。
ジス、既婚者で子持ちだったとは…驚きです!
今日は結婚を反対されて依頼、疎遠になっていた義父(ヨンチョルの父)の誕生日なので、腕を振るってご馳走を作りました。
早く和解したいというのが本音のようですね。
それを持って久しぶりの実家に向かったヨンチョルと娘のソヒ。
そんな二人を出迎えたヨンチョルの父親。
その父親とはまさかの、まさかの…ジャンウォン弁護士でした…!
ジス(ジウォン)とジャンウォン弁護士が嫁と舅の関係だったとは…!全然予想してなくてトリハダが立ちました!

26番目の殺人(漫画)【第39話】ネタバレ有りのあらすじ感想

ジス(ジウォン)との結婚を反対されて以来疎遠だったので、久しぶりに実家に帰ってきたヨンチョル(ジスの夫)。
そしてジスがお義父さん(ジャンウォン弁護士)のために腕を振るったご馳走を食べてもらいます。
ジスの手料理、そしてスクスク成長しているソヒを見て、ジスが素晴らしい奥さん、母親であることを認めたジャンウォン弁護士。
こうしてジスとジャンウォン弁護士は和解したのでした。
ここで回想終了。
一方、ピルデュ(ギス)の「26番目の殺人」について再捜査しているチェ検事とテジュ検事補佐。
犠牲になった幼い少女とは…なんとなくそんな気はしていましたが、ジスの娘、ソヒでした。
チェ検事は、犠牲になった少女のために、そして遺族のために、もう一度ピルデュを法のもとに引きずり出す!と決意を新たにしたのでした。
チェ検事はまだ知らないけど、少女の遺族はアナタが目の敵にしているジャンウォン弁護士と、漁村でギスと幸せそうに暮らしていたあの女の人なんですよ(焦)

【26番目の殺人/漫画/40話】あらすじ感想※ネタバレ注意

街の宝石店にやってきたギス(ピルデュ)。
今日はジウォン(ジス)に渡す婚約指輪を買いに来たのでした。
一方、お墓参りをしているジスとソヨン(ジャンウォン弁護士にピルデュの弁護を依頼した人)は、邪魔者(ピルデュの姉)が入りそうなので計画を早めなければ、と相談しています。
このお墓は、ジスの娘のソヒと夫のヨンチョルが眠っている場所なんですね。
計画を実行する日はアイツが幸せの絶頂の日…その日にアイツを地獄に叩き落とす。
ジスはそう決心したのでした。
ソヨンに「一緒にいて情が移ってない?」と聞かれ、「娘を亡き者にした男に毎日抱かれてるのよ、頭がおかしくなりそう!」と泣くジス…。
この涙はなんというか…思いっきりギスに情が移ってるのでは…(汗)
そしてジスは思い出します。
ソヒが無惨な姿で発見された日のことを。
あ、この事件の担当警察は、まだ検事補佐になる前のイ巡査でした。
イ検事補佐の前職は警察だったんですね。

【26番目の殺人】
全話あらすじ感想まとめ
>>01話〜10話/死刑囚が記憶喪失?!
>>11話〜20話/記憶喪失は演技?
>>21話〜30話/チェ検事、ピルデュを発見!
>>31話〜40話/ジウォンの正体は…
>>41話〜50話/26番目の犠牲者は…
>>51話〜60話/結婚式に警察乱入!
>>61話〜70話/ピルデュの記憶が戻った?!
>>71話〜80話/ピルデュ、刺される…71話UP!

こちらの記事もどうぞ↓
>>今一番面白い漫画おすすめランキング【2022】

さいごまで読んでいただきありがとうございました♪